SHAO-CHIALUリュウ・シャオチャ

[指揮]

1960年台湾生まれ。台北、ウィーンなどで音楽を学ぶ。ブザンソン国際コンクールなどで優勝。1994年チェリビダッケの代役でミュンヘン・フィルを指揮、2011年にはコンセルトヘボウ管にデビュー、日本ではN響、新日本フィルに客演。オペラではハノーファー州立歌劇場などドイツの歌劇場で音楽総監督を歴任。イェーテボリ歌劇場、ハンブルク州立歌劇場など世界の著名な歌劇場で客演指揮し、2010年から台湾フィルハーモニックの音楽監督をつとめている。