Ann-Kristin Jonesアン=クリスティン・ジョーンズ

[声楽/メゾ・ソプラノ]

2014年のシーズンから5年間、エーテボリ歌劇場にソリストの契約を結んだ。ノルウェー音楽アカデミーとロイヤルデンマーク音楽院のオペラアカデミーに学び、2001年ヘンデルのオラトリオのタイトルロールで、エスベルク新歌劇場にてデビュー。2010~2011年にシーズンでは、エーテボリ歌劇場のパーマネントソリストになった。 2009年には、ストックホルム王立歌劇場にて、コシ・ファン・トウッテのダラベラでデビュー。 2008年には、ステンハンマル国際音楽コンクールで受賞し、ソロ部門のファイナリストに選ばれた。