Borodin Quartetボロディン弦楽四重奏団

[室内楽]

1945年、モスクワ音楽院の学生により結成。亡命や引退でメンバーチェンジを経ながら、今なおロシア派クラシック音楽の伝統を忠実に継承する正統派として、世界中のファンを魅了している。卓越したアンサンブルによる音の調和、重厚で豊かな音質はある評論家をして「まるで16弦の楽器を一人で弾いているよう」と言わしめるほど。現在のメンバーはR・アハロウニン、S・ルモフスキ、I・ナイディン、V・バルシン。