Jyunnosuke WATANABE渡邊 荀之助

[宝生流能楽師]

金沢市生まれ。初代渡邊荀之助の次男として生まれる。3歳で能の稽古を始め、4歳で初舞台を踏む。東京芸術大学音楽学部を中退し、宝生流第十八世宗家宝生英雄の内弟子となる。1991年能楽宝生流シテ方として重要無形文化財指定を受ける。2002年他賀男改め二代目渡邊荀之助を襲名。国内外で演能活動の他、京劇、バレエとのセッションや振付、作曲、ワイドショーのコメンテーター、講演、新聞雑誌等の執筆等幅広く活動している。